United EARTHの労働相談

こんな事があればすぐにご相談ください

店長、リーダー、オーナー(以下、管理者という)から指示されて納得できないことがある。
労働問題を一人で会社と交渉して解決するのは大変ですし、とても難しいです。
あなたのその悩みは、United EARTH(以下、ユナイテッドアースという)が解決のお手伝いをします。
・United EARTHへの各種ご相談・ご連絡窓口

相談例

・希望日に有給休暇がとれない!

「管理者に利用目的を干渉されて申請を取り下げるよう圧力をかけられた。」、「管理者に有給使用を認められなかった。」などの相談を受けます。
最新の就業規則によると、「原則1週間前までに、少なくとも前日までに所定の手続きをとると取得した有給休暇を使用することができる」とありますし、「利用目的自由の原則」を考えると、これらは不当な扱いであります。
しかし、地方店舗など会社の管理が行き届いていない店舗で就業規則が十分に理解されておらずにこのようなトラブルが起きるようです。
もし、納得できないような理由で希望通りに有給休暇を使用することができない場合は、ユナイテッドアースがあなたの代わりに会社と交渉します。

・店舗異動を命じられたけど異動したくない!

表向きは「能力向上が目的」などの理由により管理者の都合で店舗異動を命じられた、との相談を受けます。
「管理者側の業務上の必要性」と「店舗異動による不利益」とを比較して、後者が上回るときには「会社の権利濫用」にあたり、その業務命令は「無効」となります。
「店舗異動による不利益」として考えられる要件は、「転居の有無」、「家族の介護の必要性」、「本人の疾患」、「配偶者との別居を余儀なくされること」などがあります。もし、管理者から店舗異動を命じられて、納得ができなかったりお困りの場合は、ユナイテッドアースがあなたの代わりに会社と交渉します。

・管理者に自主退社するように扱われている!

サロンワーク以外の業務を反復継続して命令され精神的に働き続けることができないような環境にされた、との相談を受けます。
これは管理者の勝手な都合で組合員を「自主退社」に追い込もうとする意図が感じられます。本来、管理者が組合員に対して「解雇」を行おうとした場合は、就業規則に則った所定の手続きが必要なうえに、「30日分の解雇予告手当の支払い」や「退職日の30日以上前に行われる解雇の予告(労基法20条1項)」が必要となります。
もし、管理者から働きづらい労働条件にされて納得できなかったりお困りの場合は、ユナイテッドアースがあなたの代わりに会社と交渉します。

 
Page Top